鎌倉テラスの家 施主設計検査

昨年6月に工事が始まった鎌倉テラスの家もいよいよほぼ全ての工事を終え、今日はお施主さん、工務店さん、我々の三者が会し施主設計検査を行いました。施主設計検査とは、建物の引渡し前に工事の結果や出来上がりをチェックしていくことで、ミスや不具合があればその箇所を指摘し補修するものです。約2時間程かけて、塗装の汚れがないか、工事途中についた傷がないか等じっくりと複数の目で細かく確認していきました。幸い大きな問題はなく、お施主さんにも喜んでいただき、工務店さんとほっと胸をなでおろしました。再来週の引渡しに向けて、指摘箇所の補修をしていきます。これまでお施主さんや監督さん、関わっていただいた数多くの業者さん方と毎週現場で膨大な打合せを重ねて積み上げてきたものが、後一歩で完成に向かいます。それはとても緊張すると共に、住宅設計をしていて最も幸せを感じる瞬間かもしれません。

実は昨日、施主設計検査を前に工務店の大同工業さんの社内検査が行われていました。全ての職人さんが一同に会してのその非常に厳しい自主検査から、大同工業さんが高い施工クオリティを保つことができる所以を知ることとなりました。そして今日は、たまたま本社からこちらにいらしていた大同工業の社長さんが飛び入りで現場にいらして、更なる厳しい目で各所をご確認くださり、「納まりがとても良くて、気持ちのいい空間ですね」とのお言葉をいただくことができ、またも胸をなで下ろしました。(私以上に担当の監督さんの方がなで下ろしていましたが  笑)

お施主さんのご好意により、3月中旬頃にオープンハウスを予定しております。後日改めて詳細を告知させていただきたいと思います。
180221_01_加工180221_02_加工180221_03

デンタルクリニック リニューアル計画

昨日は山形市内で進めているデンタルクリニック リニューアル計画の初回プレゼンテーションでした。こちらは1年半前に設計させて頂いたクリニックの系列店舗で、ありがたいことに今回もお声がけを頂きました。商業施設の一角にあるクリニックで、子ども連れの患者さんも多いようです。昨日も小学生の男の子が大きな声で泣きながら治療を受けていました・・。自分も子どもの頃は同じようによく泣いていましたが、独特の緊張感と恐怖感は大人になってもなかなか変わらないものです。そんな中、「くつろぎの空間」をテーマに安心感や心地よさを少しでも感じながら過ごせるように、空間や素材を構築していきました。無事に院長先生からOKを頂き、5月中旬のオープンに向けて次のステップ入っていきます。180220_01180220_02

節目

先週は大雪の仙台・山形出張から始まり、鎌倉の現場は足場が外れ、小岩のリノベーションは見積発注、だんだんの家は実施設計最後の施主打合せと目まぐるしくも充実した一週間でした。これから始まるプロジェクト、終わりを迎えるプロジェクト、そして設計を終え監理に移行するプロジェクト。どれも大切な節目を迎えています。クライアントの想いを胸に、ひとつひとつじっくり丁寧に向き合っていきます。180129_01 180129_02 180129_03

記憶

180109_02

石膏ボードが張られると、昔のことをふと思い出します。
小学2年生の頃、実家を新築したとき母親に付き添って工事途中の現場へよく通っていました。上棟してからしばらくの間は、部屋の大きさや佇まいはなかなか想像することができなかったけれど、石膏ボードが張られるとたちまち家の姿に変貌して、とてもワクワクしたことを今でもよく覚えています。石膏独特の匂いと木造の香りとが混ざり合った現場は、記憶をより鮮明なものにしてくれます。

謹賀新年

180104

新年明けましておめでとうございます。
おかげさまで独立3年目を迎えることができました。新しい出会いに感謝し、今年も全力で駆け抜けて行きたいと思います。皆様、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

冬季休業のお知らせ

今年の年末は実施設計の打合せや目下工事中の現場打合せなどで、最後の最後まで落ち着かない状態での仕事納めとなりました・・。来年は新築住宅が2件竣工予定です。独立して初めてとなる、思い入れの強い住宅たちです。まずは、2月下旬の鎌倉テラスの家をしっかり納めて、良い年になるよう努めます。本年はどうもありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。
1/30(金)より1/4(木)まで冬期休暇とさせて頂きます。

宙吊り

鎌倉テラスの家は年明けからの仕上工事に向けて大工工事が佳境を迎えています。そんな中、階段室の吹抜け空間に巨大なFIXガラス(横1.7M×縦2.5M)が搬入されました。
IMG_0038

階段室は前面道路と反対側にあるため、ガラスをクレーンで宙吊りにして建物の上空を通過させて反対側へ輸送するという、まるでTV番組「完成!ドリームハス」が欲しがりそうな(笑)アクロバティックな搬入方法でしたが、ガラス屋さん総勢7名による息のピッタリ合った仕事で無事に設置することができました。
IMG_0067
IMG_0068
IMG_0070
IMG_0082
IMG_0102

この緊迫感、今にも松崎しげるのナレーションが聞こえてきそうです(笑)。ガラス屋さん本当にお疲れ様でした!

IMG_0098

玄関から見る。窓の向こうには川が流れていて、境界には少し背の高い樹木を植える予定です。こちらも完成が楽しみです!

とんび

171205_01

「鎌倉テラスの家」の現場裏には小高い山があります。どうやらそこには鳶の巣があるようで、愛らしい鳴声が慌ただしい現場を和ませてくれます。今日は清々しい冬空でとても気持ち良さそうに飛んでいました。さて、大工工事もいよいよ佳境に入り、完成に向けてもうひと踏ん張りです!

セミナー三昧

今月はセミナー三昧でした。ビックサイトで行われた山田憲明さんの「今すぐ使える!超実践的木構造」や前職代表の関本竜太さんの「金属防水が可能にする持続可能な木造の美しい外廻り」。他にも、月一回通っている住宅医での辻充孝先生による省エネ講座など、そのまま実践で使える貴重なお話を沢山聞くことができました。その中で特に印象深かったのは、新宿デザインセンターOZONEで開催された「未来住宅談義 新しい価値を創出するリノベーション」というセミナーで、建築家・工務店・不動産関係者・編集者のそれぞれの立場から今後の住宅産業について、リノベーションや省エネルギーの観点から考えていくというものでした。既に始まっている人口減少や少子高齢化、空家問題などによって今後の住宅産業はますます危機的状況に陥ることは明確です。その中で我々のような設計者がどう立ち向かっていくのか、自分自身悶々としていましたが、今回のセミナーでそのヒントとなるキーワードを幾つか見つけることができました。今すぐ答えがでるものではありませんが、自分のこれからの活動にとってとても大切なテーマになっていくのではないかと思っています。171128_01171128_02

それにしても30代の大工さんの数が全国で2万人ほど、10代にいたっては2千人程度だそうです。。。作りたくても作れない。そんな時代がすぐそこまで来ています。

断熱工事

「鎌倉テラスの家」は断熱工事が着々と進んでいます。今回は吹付け発砲ウレタンを採用しました。天井も壁も隙間なくびっしり詰まってモコモコです。171031_01 171031_02

木製サッシの枠付けもサイズぴったり納まって一安心。ちなみに奥の壁に立掛けてある物が木製サッシで、今回はヘーベシ-ベというドイツ製の金物を使った断熱・気密に優れた木製サッシを採用しています。取付が楽しみです。

171031_03